海外留学 インターンシップ ワーキングホリデー
  会社概要・地図 お問合せ・資料請
仙台 TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117
プログラム一覧 体験談 よくある質問 ご出発から帰国まで 無料説明会 用語集 リンク集

体験談

ホーム > 体験談トップ > 大学留学 プログラムTOPへ

大学留学

カナダ

都市名バンクーバー
報告日2016/8/26
体験者S.R.さん
期間2年(予定)
■一番楽しかった思い出
LEAPという大学進学を目指す生徒のためのESLのプログラムを修了した後、すぐに本科の正規学生として学ぶ日々が始まり、語学のみを勉強していたころよりも一層忙しく、また知的好奇心の満たされる毎日を過ごしております。特に、これまでにとったコースの中ですと、哲学の講義は大変意義深く面白いものでした。もともと特に強い思い入れがあって選んだ授業というわけではなかったのですが、よりよい人生を送るために必要なことや、倫理、政治哲学について深く考え、論文を書いたりプレゼンテーションをしたりと懸命に学んだことは、私の中で大きな財産になると思います。また、それに加え、本科でネイティブの学生と共に学ぶ中で、LEAPで身につけたスキルを活用して良い評価を頂くたびに、自分自身の成長を感じとても嬉しく感じます。忙しさのためあまりアクティビティには参加できていませんが、大学内のボランティアにしばしば加わるなどして、勉強だけではない意義ある学生生活を楽しんでいます。
アンケート

滞在方法は?

一人暮らし

学校について

学校名は?

Langara College

期間は?

2年(予定)

どんな勉強をしましたか?

一番初めの学期では、英語、心理学、哲学の3つのコースを選択しました。今度始まる学期では、英語、中国語、政治学/平和紛争学の3つを学ぶ予定です。

学校や授業の感想は?

教授と生徒の距離が近く、やる気を持って臨む生徒にはしっかりと応えてくれる環境が整っており、勉強することの楽しさを真に味わうことができます。先生とメールのやりとりをしたりオフィスアワーの時間帯に直接伺ったりと、数多くの質問をする毎日ですが、そのたびに笑顔で答えてくださいます。また、留学生が多数在籍していることもあり、LEAP修了後にカレッジ本科に入学する手続きがスムーズであったり、留学生専門のオフィスがしっかりサポートしてくださったりと、安心して勉学に集中できるシステムが整っていることも大きな魅力です。このカレッジ自体が留学生を受け入れる体制をきちんと持っているので、何か不安なことがあっても相談するところ(日本人スタッフさんなど)があり、学生にとっても家族にとっても良い学校だと思います。

アメリカ

都市名シアトル
報告日2016/3/12
体験者T.K.さん
期間8ヶ月(2015/5/16-2016/1/24)
■一番楽しかった思い出
放課後に友人と行った野球観戦
■一番辛かった思い出
帰国の前日に携帯電話を盗まれました。必要なとき以外、手には持たない方がよいと学びました。
アンケート

大学留学しようと決めた動機は?

英語力+自信をつけるため

滞在方法は?

ホームステイ

ホストファミリーの感想は?

優しく、一緒に住んだ人もよい人でした。

学校について

学校名は?

Highline College

期間は?

6ヶ月

どんな勉強をしましたか?

International Business

学校や授業の感想は?

少々田舎ですが、学業には最適です。アメリカ人もいて、たくさん友人ができました。ディスカッションやプレゼンテーションに参加し、度胸がつきました。

生活について

滞在した街の感想は?

景色がよく、治安もよいと思った。

重宝したものは?

風邪薬

これだけは言っておきたいこと!!

盗みには気を付けましょう。

インターサポートを選んだ理由をお聞かせください。

父の勧め

インターサポートをご利用頂いていかがでしたか?

サポートが親身であり、とても助かりました。

アメリカ

都市名トゥーソン
報告日2008/8/27
体験者高橋 俊太郎 さん
期間1年以上(2007/8/16-2008/5/22(一時帰国中))
■一番楽しかった思い出
現地の方々とのスポーツを通じた交流(Athletic Training専攻)
■一番辛かった思い出
最初の1ヶ月の言葉・会話での苦労
アンケート

滞在方法は?

滞在先の感想は?

過ごしやすかったです。

学校について

学校名は?

Towson University

どんな勉強をしましたか?

心理学、生物学などの基礎講座

授業の感想は?

言葉の問題もあって非常に難しく感じたが教授はわかりやすく、内容も非常によいものだった。

生活について

滞在した街の感想は?

過ごしやすい。

重宝したものは?

電子辞書

これだけは言っておきたいこと!!

何事も早め早めに準備しよう。

インターサポートを選んだ理由をお聞かせください。

知人の薦めで

インターサポートをご利用頂いていかがでしたか?

感謝しています。

オーストラリア

最後までがんばりました!
最後までがんばりました!
都市名メルボルン
報告日2006/4/27
体験者松木 香名子 さん
期間4年半(2001/7/17-2006/4/18)
■一番楽しかった思い出
様々な国から来た留学生と友だちになり、異なる文化や言語を学べたこと。特にオーストラリア人や留学生、日本人みんなでパーティをするのは仲良くなるよい機会だったし、楽しかったです。
■一番辛かった思い出
英語がうまく話せず、言いたいことが伝わらなかったり、相手に冷たくされたりした時。特にチュートリアルでのプレゼンテーションは他の学生がほとんどネイティブだったので大変でした。また、もともとシャイな性格なので、初対面の人と話したり、人前で話さなくてはならない時はとても緊張して辛かったです。
アンケート

海外に行こうと思った動機は何ですか?

英語を身につけると同時に異文化に触れるため

出発時の所持金は?

現金500ドル、トラベラーズチェック500ドル

滞在方法は?

ホームステイ、シェアハウス、寮

滞在費用は?

1000ドル/月

ホストファミリーの感想は?

3家族と滞在して、最初のホストファミリーはとても親切で家族の一員として温かくしてくれたし、親身になって助けてくれてよかったです。しかし、2番目のホストファミリーはあまり親身になってくれませんでした。

学校について

学校名は?

Monash University

期間は?

3年

通学方法は?

徒歩

通学費用は?

ただ

クラスの人数は?

授業による(30〜100人)

うち日本人は?

多くて3人。いないクラスがほとんど

学校の感想は?

様々な人種の通う大学で、いろんな人に出会えて面白かったですが、大学の事務的なことがいい加減で困ることもありました。

授業の感想は?

レクチャーは聞き取りが大変でしたが、興味深い内容でした。チュートリアルはディスカッションが主だったので楽しいクラスもありました。

生活について

1ヶ月の生活費はどのくらい?

1000ドルくらい

滞在した街の感想は?

メルボルンは国際色豊かな国で、いろんな人種、様々な食べ物やお店があって、面白かったです。また、綺麗なビーチや公園、山などもあって、観光するのも楽しい街でした。

重宝したものは?

電子辞書(授業中でもパパっと引けるので、とても役立ちました)

これだけは言っておきたいこと!!

本当にいろいろな国出身の人がいるので、友だちになると様々な考え方や価値観を知ることができ、自分の視野も広がるので、よい経験になると思います。

インターサポートを選んだ理由をお聞かせください。

父の紹介で

インターサポートをご利用頂いていかがでしたか?

出発前はとても不安でしたが、準備をしっかりサポートしてくれて、渡豪後もアドバイスや相談にのっていただき、とても助かりました。

カナダ

都市名レジャイナ
報告日2005/7/26
体験者峯岸 保栄 さん
大学レジャイナ大学 学部:経営学部
期間2003年4月13日(出発)〜 ESLも合わせて5年(卒業まで残り3年くらい)
■レジャイナ大学について
最初の1年はESL(英語コース)で勉強しました。Regina大のESLはアットホームで、いろいろなところに連れて行ってくれたりもして、さまざまな体験をしました。
この頃は毎週のようにダンスバーに行ったり、ビリヤードをしたりしています。
大学は経営学部なのですが、まだあまり専門的なクラスは取っていないので、歴史、フランス語、統計、数学などを決められた中から選択して取っています。
こっちの大学生活は本当に自由だなと感じています。生徒の自主性に任せるっていう感じで、プロフェッサーも気軽に話せる人が多いです。
旅行が好きなので今年もどこか1ヶ所くらい行きたいなーと思っています。去年行ったシアトルは最高でした。イチロー観てきましたー!
■大学生活で大変なこと
自分の英語力がまだまだ足りないせいで、授業を聴き逃したり、本を読むのに本当に時間がかかること…。
全部がNativeより時間がかかる上に点数が低いときにはむなしくなります。

イギリス

報告日2005/6/18
体験者出井 奈々恵 さん
1.大学準備のための語学研修
都市名ボーンマス
学校名Bournemouth and Poole College
期間8ヶ月

学校

  • 私の場合、クラスより友達作りを重視しました。読み書きを身に付けるのには時間が必要だと思い、イギリスに来たという環境を生かしまずは他の国の人と話す時間を多く確保するようにしました。
  • ある程度語学が身についたらIELTSを勉強するクラスを選択するとあとあと有利かもしれません。私は最後の3ヶ月にIELTSのクラスがある学校に行きました。

Host Family

  • 支払いに厳しかったのを覚えています。夜の外出も帰ってくるときうるさいからと良く思われず、会話も多くありませんでした。お風呂に入るのを嫌がられもしました。洗濯物も、色落ちするのをおかまいなしで、白いTシャツをピンクにされちゃいました。3ヶ月で友人の紹介でホストファミリーを変えました。この時のホストマザーには大変にお世話になり、今でもメル友です。
2.大学準備コース
都市名オックスフォード
学校名Oxford Brookes University Foundation Course
  • IELTS のポイントを十分に修得したため、大学のファンデーションコースに出願しました。
  • 入りたい大学に付属のファンデーションコースに入った方が、その大学の情報も入りやすいしキャンパスに慣れておくことができます。

ターム制(1ターム=約8週間)×3で一年。ターム間に約2週間〜1ヶ月休みがあります。
大学用のAcademic Englishの他、専攻の教科のクラス(ファンデーション用・ベーシックなもの)を取る(私はビジネスとコンピュータを取りました)と、プラス大学1年生のクラス1〜2つ現役の1年生に混ざって。全部で8教科。

  Mon Tue Wed Thu Fri
9〜12
Morning
Introduction to University Studies   Academic English Introduction to IT  
13〜16
Afternoon
  Foundation Business Studies      

試験もタームの最後にあります。レポート、エッセイの書き方、ライブラリーの使い方、プレゼンテーションの練習、リサーチ練習をしました。最後のタームにはレポート3000文字書きました。

3.大学学部コース
都市名オックスフォード
学校名Oxford Brookes University Undergraduate
専攻ビジネス

Semester制(1Semester=約12週間)×2で一年

  • Foundationと全然違う勉強体制でした。教科書はほとんど無し、それぞれのクラス用のハンドブックがあって、それにrecommended reading listが載っています。それらの本を自分で図書室に行き見つけ、読んで、レポート・エッセイを書きます。それで試験に臨みます。
  Mon Tue Wed Thu Fri
Morning Critical Thinking in Business Business Communications
(Week5&8 only)
Managing Hospitality Business Hospitality Operation Skills (Practical) Hospitality Operation Skills (Practical)
Afternoon or Evening Hospitality Operation Skills (Theory)  

Week6くらいになるとほとんど毎日図書室に引きこもり、夜間はコンピュータ室(24時間オープン)へ。Semesterの終わりごろになると提出物が多くなるので、深夜でもコンピュータ室は満席、プリントする紙が無くなり、イライラしてきて大変です。
私の場合、1つ前のSemesterで、

  • Hospitality :Report 3000 words(Group work) + Essay 4000 words
  • Business :Report 2000 words ×3.+3000words (Group work)
  • Presentation ×2(Power point制作)
  • Business letter書き方練習
  • Online Learning(オンラインで問題をやり提出、毎週10問ずつ)

クラスの取り方

  • 1年間でそれぞれのコースに必修科目が2〜4つあり、その他好きなものも合わせて8つになるように取ります。これを2つに分けて、1st、2nd Semesterで修得します。
  • 授業は主に、Lecture:大きいシアターで大勢の生徒と講義を聴く。Seminar:教室で10〜20人程度、グループディスカッションやプレゼンテーションをします。大体Lecture 1時間の後、Seminar 1〜2時間します。

生活費

生活費は大体月8万円で抑えてます。家賃が一ヶ月6万ちょいです。

シェアハウス

今まで住んでいたシェアハウスは選択を間違って(人も家も)、最悪でした。日本人4人でシェアしてましたが、英語を話さなくなるし、不動産屋があまり良いとこではなく家は汚いまま引き渡され、ランドロード(大家さん)とも連絡が取れなく、電気ガス水道の支払いにトラブルなどありました。シェアする人たちとも気が合わないとかなりストレスになります。

お問合せ・資料請

体験談

よくある質問

PROGRAM
お問合せ・資料請求
出発へのステップ
INTER SUPPORTご紹介
・プライバシーポリシー
・損害保険募集代理店 勧誘方針
HOME Page Up
海外留学
宮城県知事登録旅行業3-234号

〒980-0021 仙台市青葉区中央2丁目2-10 仙都会館ビル3F アクセスマップ
TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117 MAIL:info@ispt.co.jp
平日:10:00〜19:00 土曜:10:00〜17:00 休日:日曜、祝日

Copyright (C) INTER SUPPORT. All Rights Reserved.