海外留学 インターンシップ ワーキングホリデー
  会社概要・地図 お問合せ・資料請
仙台 TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117
プログラム一覧 体験談 よくある質問 ご出発から帰国まで 無料説明会 用語集 リンク集

体験談

ホーム > 体験談トップ > 日本語教師アシスタント プログラムTOPへ

日本語教師アシスタント

中高一貫校で日本語教師アシスタント

国名オーストラリア
都市名ケアンズ
報告日2011/12/2
体験者猪又 拓也 さん
期間4ヶ月(2011/7/30-2011/12/1)
■一番楽しかった思い出
・学校の生徒と一緒にグリーン島で語学研修をしたこと。
・学校の先生と生徒たちに自分の誕生日を祝ってもらえたこと。
・私が日本語を教えていて、日本にいつか行ってみたいと生徒に言われたこと。
■一番辛かった思い出
・ホームステイ先で自分の意見を言えなかったこと。
アンケート

インターンシップに行こうと思った動機は?

日本とオーストラリアの教育の違いについて学びたかったから。

出発前の予算は?

160万円

出発時の所持金は?

10万円

滞在方法は?

ホームステイ

滞在費用は?

$150/週

滞在先の感想は?

いろいろなルールがあって大変でしたが、親切に対応してくれたので、生活を優位時に過ごすことができました。

インターンシップについて

仕事の内容は?

ひらがな、カタカナ、漢字の書き方、書道、折り紙などを教える

必要な英語レベルは?

英検2級以上

インターンシップの感想は?

オーストラリアの教育現場を体験することができ、オーストラリアのよいろころを知ることができてよかったです。

生活について

滞在した街の感想は?

自然が多くて、住みやすかったですが、バスが少なくて大変。

日本から持っていって重宝したものは?

iPhoneです。(スカイプ、メール、wifiで使うことができた)

これだけは言っておきたいこと

何ごとにも失敗を恐れずに英語を話すこと。

インターサポートを選んだ理由をお聞かせください。

友人に教えていただいたから。

インターサポートをご利用いただいていかがでしたか?

よかったです。

日本語教師アシスタント 奮闘記

現在オーストラリアの学校でボランティア中の石井かほりさんは、日本の大学を休学してこのプログラムに参加されています。生徒たちや先生方やホストファミリーとのコミュニケーションを通して、英語はもちろん、様々なことを学ばれています。毎日イキイキと楽しんでいらっしゃるのが、文面から伝わってきます!

「1年前から、ニューサウスウェールズ州のモルヤという町で日本語教師アシスタントを始めました。車がないとスーパーにも行けないような小さな町で、最初はすごく不安でしたが、知り合いが増えた今では、小さな町だけに、出かければ誰かが話しかけてくれます。

学校では、週5日、中学2年生から高校3年生に日本語を教えています。生徒はとてもフレンドリーで、日本語で『こんにちは!』と言われることもあります。ホストファミリーは、ありきたりな表現ですが、本当に家族のようです。何か不安なことがあった時は、いつも『かほりはもう一人の子供だからね。』と言ってくれます。

英語は、特にリスニングとスピーキングが伸びました。日本にいるときも映画を英語で見たりしましたが、だんだん会話が理解できるようになるのが面白かったです。ホリデイ中には、シドニーからケアンズまで10日間かけてバスで旅行したりしました。ネイティブの友だちも増えましたが、色々な職業・年齢の日本人の友だちもたくさんできて、心強かったです。」

マンスリーレポート 4月分

(1).学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか?

Year11の生徒と、1対1でReadingの練習などをしています。この学校の生徒はかなりわんぱくですが、Year11の子たちは真剣に日本語を勉強していて、簡単なものなら漢字も読めます。1対1で日本語の先生もいないので、日本語の意味を英語で説明しなければならないのですが、英語が分からなくて困っていると生徒が助けてくれることもあります。生徒といろいろな話をするのが楽しいので、私の性格にはHigh Schoolがとても合っていると思います。他にも、日本のホストファミリーに手紙を書く手伝いをしたりしています。

(2).特に効果があった授業内容はなんですか?

今週は、生徒全員が順番で自己紹介をしてくれていたので、私が授業内容を考えたりはしていません。自己紹介が終わった生徒からパソコンでゲーム(日本語のタイピングゲームなど)をしていいことになっているのですが、この学校の生徒はかなりゲームが好きみたいなので、何かゲームを考えたいと思っています。

(3).スタッフや子どもたちとコミュニケーションを円滑にはかるよい方法はありますか?

生徒と年が近いので、友だちのように接しています。日本に興味がある生徒が結構多いので、教科書に載っていないような面白い話をするようにしています。例えば、“手紙”は日本語ではletterだけど、中国語ではトイレットペーパーって意味なんだよ〜とか、印象に残りそうな話をしています。スタッフは忙しそうなのであまり話すきっかけがありませんが、なるべくその日あった出来事を口に出すようにしています。「Year11の○○と話しました」というと、「彼女の妹がYear8にいるよ」など、次の話題につながりそうな話をしてくれます。

(4).ホームステイの様子はどうですか?

ホストファミリーはかなり優しくて、日本の食材をたくさん買っていてくれていました。日本料理の本を持ってきていたので、一緒に作ったりしています。ホストファザーの妹さんが日本の方と結婚しているので、Skypeを使って話すこともあります。日本語の先生のご家族とも仲良くさせていただいています。休日にシドニーに連れて行ってもらいました。先生と奥さんは日本で出会ったので、2人とも日本語が話せます。なので、3歳の娘さん(エンジェル)に簡単な日本語を教えたり、奥さんがキューバの方なのでスペイン語を教えてもらったりしています。

(5).研修校・滞在先でトラブルはありましたか?どう対処しましたか?

特にトラブルはありません。

(6).英語力向上の為にどんな努力をしていますか?

教えてもらったり、分からなかった表現をノートにとっています。暇な時間に確認して、会話で使うように心がけています。ホストマザーがハンガリー出身で、英語が母国語ではないので何かと助けてもらっています。英語が理解できなかったときは彼女が簡単な英語でもう一度話してくれるので、とても安心できる存在です。

マンスリーレポート 5月分

(1).学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか?

2週間前から日本語の先生がお休みしているので、代理の先生と授業をしています。内容はその日によって様々ですが、先生が違うと授業内容も違うので大変です。ですが、通常よりも生徒と接する機会が多かったので良い経験ができたな、と思います。大変なこともありましたが…((6).参照・笑)

(2).特に効果があった授業内容はなんですか?

この学校の生徒はゲームが好きみたいなので、日本語の先生がいないということもあって、いつもよりゲームをたくさんしています。ひらがなのカードを使って神経衰弱やスナップゲーム(ひらがなのカードを並べて、私が読んだカードをとるゲーム)などをしたり、日本語を使ってフルーツバスケットをして遊びました。フルーツバスケットのように体を動かして遊ぶほうが楽しいみたいです。スナップゲームで、どちらが早かったかでもめそうになった時はジャンケンで決めるようにしています。

(3).効果が無かった序行内容とその反省点は何ですか?

ひらがなのカードを使って神経衰弱をしたのですが、Year8/9には数が多すぎて飽きてしまう子が結構いました。Year10には好評だったみたいで、あとから勝手にカードを持って行って神経衰弱していましたが…(笑)

(4).スタッフや子どもたちとコミュニケーションを円滑にはかるよい方法はありますか?

先生たちは忙しそうであまり上手くコミュニケーションとれていないな〜と思います。最近は慣れてきたので、スタッフルームで洋書を読み始めたのですが、先生たちがたまに「何読んでるの?」とか声をかけてくれるので、そういう時に話すようにしています。

(5).ホームステイの様子はどうですか?

週2回1時間ホストファミリーとプールに行って泳いでいます。家の周りに買い物する場所がない以外は特に困っていることはありません(笑)買物は、授業がない時に学校の近くのスーパーに行っています。ホストマザーが日本の帯などが大好きでコレクションしているので、いろいろ説明してあげたらすごく喜んでもらえました。日本の母に頼んで、いらない帯などを送ってもらったのでプレゼントするつもりです。週末に、近くに住んでいる日本人(旦那さんはオーストラリアの方)のお宅に2日間お泊りさせてもらいました。奥さんのお友だちが仙台では新聞に載ったりしていて有名なアンさんという方で、私も知っていたのでびっくりしました!4歳と1歳の子供がいて、一日中抱っこして振り回したり(笑)走ったりして遊んでいたので筋肉痛です。。。

(6).研修校・滞在先でトラブルはありましたか?どう対処しましたか?

代理で来た先生が異常なほど厳しくしていて、その先生と生徒がもめてしまったことがありました。授業のあとに生徒から「私たちは先生が間違ってると思うんだけど、かほりはどう思う?」と聞かれました。英語で何を言っていたのか完璧に理解できたわけではないけど、私の質問にちゃんと答えて授業に参加していた生徒まで罰を受けさせられていたので、「悪い言葉を使っていたのなら私が理解できなかったのだと思うけど、ちゃんと授業に参加していたと思います」と言っておきました。代理の先生も理解してくれたし、基本的には生徒側の意見に賛成だったので生徒が少し信頼してくれるようになりました。それからは授業中に質問したり話しかけてくれる生徒が少し増えたな、と感じます。結果的にはうまく収まったので良かったです。

(7).英語力向上の為にどんな努力をしていますか?

スタッフルームで洋書を読んでいます。もともと読書は好きなので最近本を読むのが楽しくてしょうがないです(笑)このあたりには本屋がないので、ホストマザーに連れて行ってもらったりしました。本で覚えたフレーズが通じたり、誰かが使っているのを聞き取れたときはかなり嬉しいです。前は「話さなきゃ!」というストレスがかなりたまっていたのですが、最近は気楽に構えられるようになってきました。日本人の方のおうちに泊まらせていただいた時は、どういう会話を普段しているのかなどが分かってすごく勉強になりました。

マンスリーレポート 6月分

(1).学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか?

休み時間や放課後に来てくれる生徒に、簡単なプリントを作って渡しました。そうしたら、彼女のお母さんが「今度うちに食事に来てね」と言ってくれました。何が成果につながるかわかりませんが、できることから少しずつやっていこうと思います。

(2).特に効果があった授業内容はなんですか?

12年生が漢字を覚えるのに苦戦していたので、フラッシュカードを作ってあげて、会話練習の時間のうち15分間を、フラッシュカードを使った漢字のチェックの時間に当てるようにしました。おかげさまで12年生からは、「フラッシュカードを使った漢字学習は楽しいし、覚えやすい」というお褒めの言葉(笑)をいただきました。自分たちで自発的に作ってくれるようになってくれるといいのですが…。

(3).効果が無かった序行内容とその反省点は何ですか?

特になし

(4).スタッフや子どもたちとコミュニケーションを円滑にはかるよい方法はありますか?

研修の際に教えていただいたとおり、なんでも参加してみることが大切だと思いました。今回は、生徒が仮装パーティーに呼んでくれたのでいってきました。普段見られない生徒たちの一面が見られてよかったです。“you are 15 years old tonight(つまり彼女たちと同じ年)!”と言われ、一緒に枕投げをし、結果、ぼこぼこにやられました(笑)が、距離がかなり縮まり、楽しかったです。

(5).ホームステイの様子はどうですか?

今月でステイ先が変わりますが、「あなたのために部屋をそのままにしてあけておくから、いつでも帰ってきていいよ」と言ってもらえて、泣きそうになりました。2件目のステイ先の近くには、レベッカの一番上のお姉さん夫婦が住んでいて、「いつでも来ていいよ」と言ってくれているので、安心です。

(6).研修校・滞在先でトラブルはありましたか?どう対処しましたか?

特にないのですが、ドイツ語の先生で、世話好きな先生が、日本語の先生に「あなたは働きすぎ、もっと休みをあげなさい」などと、(もちろん親切からでありがたいのですが)(余計なことを)言ってくれてしまったために、一瞬ほかの日本語の先生と気まずくなりました…が、彼女が世話焼きなのをほかの先生もわかっていて、今はもう日本語の先生もまったく気にしていないので、よかったです。

(7).英語力向上の為にどんな努力をしていますか?

相変わらずマイペースで、努力という努力をしていないので、依然として英語に泣かされることも多いですが、Anne(ドイツ語のアシスタント)と仲良くなってから、だいぶ泣かされる回数が減ってきた気がします。やはり同年代の友だちがいると、恋愛、人生プラン、趣味など共通する話題が多く、自然と英語を話す量が増えるため、単語数も増え、聞き取りもマシになってきた気がします(少しずつですが)。また、私が単語が出てこないとAnneが私が言わんとしていることを推測して、いくつか単語を言ってくれるので、そこで、単語の勉強もすることができます。あと、買い物の際など、お店の店員さんとできるだけ話をするようにしています。よく行くお茶屋さんのおばちゃんと、「もう少し長くオーストラリアにいるには、どうしたらよいか」という話になり、「永住ビザを取るのがよい。結婚するのが一番早い!」と言われ、さらに「今度息子を紹介してあげる!30歳なんだけど、日本文化に興味があるからきっと話が合うわよ」といわれ、電話番号を聞かれました(笑)。

マンスリーレポート 7月分

(1).学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか?

日本語の先生、数名の生徒・その保護者と一緒に、1週間日本を旅行してきました!夜までカラオケしたりしてかなりハードでしたが(笑)今までの人生で一番楽しい旅行でした☆今までよりずっとフレンドリーに接することができるようになりました♪特に女の子たちは「Honey」「My best friend!」と呼んでくれるようになって、今では毎日学校で誰かがハグしにきてくれます☆日本にいる間大学の友だちに電話したのですが、久しぶりすぎて生徒の前で泣いてしまいました(笑)でもそのあと「グループハグ!!」と言って生徒たちがハグしてくれて感動しました♪京都駅のど真ん中で、少し恥ずかしかったですが…。一人の女の子は、「かほりが帰る時は泣くと思う。帰る時にケーキ作ってあげるね!」と言ってくれて、それが嬉しくてまた泣いていました(笑)

(2).特に効果があった授業内容はなんですか?

私は主にYear11のお手伝いをしていてあまりゲームを考えたりはしていないので、特にありません。ですが、Year11のテストのために、日本の原稿用紙の使い方の紹介をしているホームページを探して配ったりしています。クラスに8人しかいないので、配る前にプリントにそれぞれの名前を日本語で書いてから配っています。

(3).スタッフや子どもたちとコミュニケーションを円滑にはかるよい方法はありますか?

最近子供たちと「I love you〜」を言いまくっています(笑)日本に一緒に行った子たちと仲良くなったので、その友だちもどんどん話しかけてくれるようになってすごくうれしいです。日本語の先生とは、日本で一緒にビールや日本酒を飲んで騒いでいました(笑)

(4).ホームステイの様子はどうですか?

ホームステイ先が変わりました。ホストファザーが同じ高校で先生をしています。1階部分を自由に使わせてもらっていて、シャワーも好きな時間に使えるのでかなり快適です。ホストファザー・マザーともにとても優しいです。日本から帰ってきて気候のせいか喉を傷めてしまいましたが、薬・ハーブティー・ヒートパックなど色々と心配してくれてとても嬉しかったです。ビーチのすぐそばで、バルコニーからの眺めは最高です!私はまだ見たことがないですが、クジラが見える時もあるそうです☆一つだけ、インターネットが使えないのが少し困っていますが、学校でメールはチェックできるので大丈夫そうです。

(5).研修校・滞在先でトラブルはありましたか?どう対処しましたか?

特にトラブルはありません。個人的に、いつも学校で笑顔をキープしようと心がけていたせいか笑いじわができたことがトラブルでした(笑)それも話のネタになってよかったです。「笑いじわができた〜」と言ったので、生徒たちがくすぐったり変な顔を見せたりして笑わせようとしていました(笑)少しでも笑うと「笑っちゃダメ〜!!」と言われて、かなり楽しんでいました♪

(6).英語力向上の為にどんな努力をしていますか?

日本に一緒に旅行に行ったことで、かなり英語力がついたような気がします。料理や商品の説明はもちろん、落し物探しまで手伝ったので(笑)リスニング・スピーキング力がついたと思います。同年代の女の子たちと一日中一緒にいたのも良かったのかもしれません。

マンスリーレポート 8月分

(1).学校での活動で特に印象に残ったことは何ですか?

日本から高校生4名と先生が3週間研修に来ていました。授業内でいろいろ遊べて楽しかったです。特に生徒たちに人気があったのは、日本語の授業とは関係ありませんが、4人で互いに膝の上に寝て椅子を引き抜く芸(すみません、なんて表現していいのかわかりません笑)で、早速自分たちでも試していました。ただ不思議だったのは、日本の子たちはすぐできたのにオージーの生徒たちはなかなかできなかったことです(笑)騒ぎすぎて集中してできなかったのが原因かと思います。

(2).特に効果があった授業内容はなんですか?

生徒たちが飽きっぽいので(笑)日本語の先生とネットで無料の教材を探していろいろと試しています。Year8/9の小さい子たち(といっても背は私より高いですが…ショックです。)はもちろん楽しんでいますが、普段教科書を使ってまじめに勉強しているYear11にもいい機会になったと思います。教科書を使うよりも実際に会話を通した方がやっぱりわかりやすいなと思いました。

(3).スタッフや子どもたちとコミュニケーションを円滑にはかるよい方法はありますか?

子供たちとは、共通の話題ができると話しやすいなぁと思います。生徒たちの間で流行っている本があるのですが、分厚いので「私は読むのに3ヶ月くらいかかりそうだな〜」と言ったら、後日、一人の生徒がネットで日本語版の本を探して私のために注文してくれていました。かなり嬉しかったです。

(4).ホームステイの様子はどうですか?

とても快適です。ソファで足伸ばしてテレビ見たりしているので『自分くつろぎすぎかも…』と思っていましたが、それでも「かほりが遠慮しているんじゃないかと思って心配なの」と言われて、これ以上どうリラックスすればいいのかわかりません(笑)いろいろと気遣ってくれていて安心して学校に通えています。

(5).研修校・滞在先でトラブルはありましたか?どう対処しましたか?

先週、体調を崩してぶっ倒れました(笑)病院に行かなかったので何だったのかわかりませんが、周りの先生たちもみんな体調を崩しているのでおそらく同じ風邪だと思います。倒れた時は家で、ホストファザーの目の前で倒れたのでラッキーだったと思います。もしだれもいないところで倒れていたら、こじらせていたかもしれません。でも日本でもよく倒れる方なので一応大丈夫でした!(笑)

(6).英語力向上の為にどんな努力をしていますか?

ホストファミリーの家で無線LANが使えず、そのうえホストファミリーのPCは日本語が打てないので、日本の友だちに英語でメールしたりしています(笑)付き合ってくれている友だちに感謝です。でも、自分の毎日を英語で表現するのがなんとなく面白くなってきました。帰国してからもこの調子で英語で日記をつけるクセがつけばいいのですが。

お問合せ・資料請

体験談

よくある質問

PROGRAM
お問合せ・資料請求
出発へのステップ
INTER SUPPORTご紹介
・プライバシーポリシー
・損害保険募集代理店 勧誘方針
HOME Page Up
海外留学
宮城県知事登録旅行業3-234号

〒980-0021 仙台市青葉区中央2丁目2-10 仙都会館ビル3F アクセスマップ
TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117 MAIL:info@ispt.co.jp
平日:10:00〜19:00 土曜:10:00〜17:00 休日:日曜、祝日

Copyright (C) INTER SUPPORT. All Rights Reserved.