海外留学 インターンシップ ワーキングホリデー
  会社概要・地図 お問合せ・資料請
仙台 TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117
プログラム一覧 体験談 よくある質問 出発へのステップ 無料説明会 用語集 リンク集

プログラムのご紹介 大学留学

ホーム > プログラム一覧 > 大学留学 > アメリカ プログラムTOPへ

アメリカ

アメリカの大学・専門学校

アメリカの大学・専門学校 学校紹介 GO!!

  • 授業料、専攻、学生数などの情報を掲載しています。
アメリカの大学の特徴

アメリカの大学で学ぶ利点はさまざまあります。学位取得を目指して勉強を続けながら、教室の中で、あるいは教室の外で多くのことを学び、アメリカの文化を直接体験できるだけではありません。国籍も文化も異なる友人との交流を通じ、海外で活躍するきっかけを作ることも可能になってくるのです。アメリカには3,000以上もの大学・短大があります。自分に合ったレベルで興味のある分野を学ぶことができる学校が必ずあるはずです。また専攻が細かく分かれており、就職に有利な実践講義やインターンシッププログラムなども豊富です。編入が比較的簡単にできたり、入学後に学部を決めたり変えたりできることも日本とは違った魅力になっています。

日本の高校を卒業し、英語力さえあれば入学できるというのもメリットです。もちろん大学での勉強はとても厳しくなります。「アメリカの大学は入るのは簡単だけど卒業が難しい」と言われているように、宿題や予習、レポートは毎週山のように出されます。アメリカ人にとっても大変な課題を英語ですべて行うので、留学生はさらに時間と労力が必要となります。その試練を乗り越えるからこそ、やり遂げた実感が沸き、さらに大きな自信がつくのです。

コミニティカレッジ

州立の2年生大学のこと。地域(コミュニティ)の住民への教育に力をいれている公立の教育機関です。4年制大学への編入が目的であれば、大学進学プログラムコース。また実用的な専門知識や技術を身につけるのが目的であれば、日本でいう専門学校に近い職業訓練プログラムコースがあります。

4年制大学に比べて入学条件があまり厳しくなく、授業料が安いというメリットに加えて、年齢層が幅広いので、さまざまな人との出会いとアットホームな雰囲気が期待できます。

4年制大学

州立大学と私立大学があり、大学の規模や性格によって学部、学科の数、授業料が違います。日本のように厳密な学部制ではなく、学生個人の選択によって主専攻(Major)副専攻(Minor)を設定したり、ダブルメジャーと呼ばれ主専攻を二つ選択することもできます。

博士課程まで幅広いプログラムを持つ大規模の総合大学、修士課程まで学べる中規模大学、そして授業料も入学基準も高いとされるバランスのとれた教養学科を学ぶ私立のリベラルアーツカレッジと主に3つのタイプに分けられます。

条件付入学

直接入学するための英語力が学校の規定に達していないが、英語力以外(過去の成績、推薦状、経験他)のすべての入学基準を満たしている場合に可能となる入学の方法です。大学から条件付きで入学許可を得て、英語力が基準に達したら正式に入学が許可されます。希望の大学に所定の願書を事前に出し、語学学校で英語研修をしながら所定の条件をクリアすれば次の学期には学部生になれます。

場合によってTOEFLを受験することなく大学に入学することもできます。

学部留学(イヤーアブロードプログラム)

1学期〜1年間の大学留学プログラムで前半は英語コース、後半は大学学部で授業を聴講。名門大学で大学生活の雰囲気を感じることができます。参加資格は基本的に日本の大学を2年次まで終了していること。大学によっては短大卒業で受け入れてくれる大学もあります。

また大学の授業受講が始まる時点で、授業についていけるだけの英語力が必要なため、英語コーススタート時点でTOEFL470〜480点くらいの英語力が必要とされます。

2年制大学から4年制大学への編入

教育制度が柔軟性に富んでいるアメリカは留学先として人気No.1。短期留学も含め、5万人近くの日本人がアメリカの大学や大学院などで勉強しているといわれています。「自由の国、アメリカ」は教育制度も柔軟性にあふれ、魅力的なプログラムを提供してくれます。その中でも、私たち日本人にとって最も有効なのが、アメリカの大学は転校(編入)が自由ということ。

前の学校で取った単位を生かして他の大学へ編入することに全く問題はありません。つまり、日本出発時にはその時の能力にあった大学に入学し、そこで実力をつけてから4年制大学に編入するということができるのです。

大学にはアカデミックアドバイザーがいるので、編入後の大学の単位に移行できるようなカリキュラム作りなど適切なアドバイスを受けることができます。

2年制大学からのスタートの利点は主に以下の3つがあげられます。

  1. 専攻をじっくり考えることができる
    短大入学のときに専攻を決めてしまう必要がない。2年制大学での2年間を、一般教養課程を終え、自分の興味のある分野を探す期間にできる。(専攻は3年編入時までに決めればOK)
  2. 入学基準が4年生大学に比べて緩やか
    [入学に必要なTOEFLスコア]
    2年制大学 : 450〜500 4年制大学 : 500〜550
  3. アメリカ学生生活に慣れることができる
    4年生大学に比べ、コンパクトにまとまって落ち着いた雰囲気なので、英語での生活や文化の違いに対して自分なりのペースでリズムを整えていくことができる。
入学時期(セメスター制とクォーター制)
  • セメスター制
    1学年を2期に分けます。9月〜12月と1月〜5月で間は夏休みになりこの間に夏学期を開設している学校もあります。
  • クォーター制
    1学年を4期に分けることをいい、9月〜12月、1月〜3月、4月〜6月、7月〜9月と細かく分けられます。

9月が新学期という認識が強く、実際に入学する人数も一番多くなりますが、基本的にどの学期の始めからでも入学が可能です。

TOEFL

TOEFLは聴解力、構文と表現力、読解力と語彙の3部門からなる世界共通の英語試験で、このスコアが入学の合否を左右する重要な試験です。出願までに何度か受験しておきましょう。

学校選び

成功する留学のためには自分の能力と学校の形態、場所、専攻など希望に合ったところに編入学することが大切です。また、TOEFLスコアが大学入学基準を満たしていても授業が完全に理解できるとは限りません。渡米までにはできるだけ英語力をつけることが必要です。

さらに、現地で共有できるスポーツ、文化・時事の話題などの知識も豊富に身につけておくことで留学生活が一層充実したものになるでしょう。

入学までの基準スケジュール

大学入学へのプロセス

大学入学へのプロセス

それぞれの学校の願書締め切り日までにTOEFLのスコアが入学基準に達していれば入学できます。

  • 日本での成績の基準は5段階評価で次の平均をクリアしていることが望ましい。
    4年制大学入学:3.5 コミュニティカレッジ入学:2.9

以下のスケジュールは入学基準のTOEFLスコアが480〜500の大学の場合の目安です。現地での勉強量によって英語研修の期間は変わります。

英語レベル 必要な英語研修期間 出発の目安
9月入学 2月入学 4月入学
中級(TOEFL460〜500) 4ヶ月 同年4月 前年7月 前年12月
初〜中級(TOEFL420〜460) 6〜8ヶ月 同年1月 前年4月 前年9月
初級(TOEFL300〜420) 10ヶ月以上 前年10月 前年1月 前年6月

サンプルスケジュール

  • 中級レベルの方が9月に入学する場合
4月上旬 アメリカへ出発
4月上旬〜7月下旬

英語研修 16週間

  • 6月下旬に大学の願書締め切り
  • この時期に大学の基準が必要
7月下旬〜8月中旬 夏休み 3週間
8月中旬 大学のレジストレーション(入学手続き)
9月 入学
  • 英語レベルが初中級の方は出発が1月頃になります。
  • 英語レベルが初級の方は出発が10月頃になります。
お問合せ・資料請

体験談

よくある質問

PROGRAM
お問合せ・資料請求
出発へのステップ
INTER SUPPORTご紹介
・プライバシーポリシー
・損害保険募集代理店 勧誘方針
HOME Page Up
海外留学
宮城県知事登録旅行業3-234号

〒980-0021 仙台市青葉区中央2丁目2-10 仙都会館ビル3F アクセスマップ
TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117 MAIL:info@ispt.co.jp
平日:10:00〜19:00 土曜:10:00〜17:00 休日:日曜、祝日

Copyright (C) INTER SUPPORT. All Rights Reserved.