海外留学 インターンシップ ワーキングホリデー
  会社概要・地図 お問合せ・資料請
仙台 TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117
プログラム一覧 体験談 よくある質問 ご出発から帰国まで 無料説明会 用語集 リンク集

プログラムのご紹介 インターンシップ・ボランティア

ホーム > プログラム一覧 > インターンシップ・ボランティア > 日本語教師アシスタント > 日本語教師アシスタントとは プログラムTOPへ

日本語教師アシスタントとは

日本の小中高校では、日本人の先生が英語を教えることがほとんどで、英語の発音、文法、自然な会話、英語圏の文化などを教えるには限界があります。同じように、海外ではその国の先生が日本語教師となって、日本語を教えることが多いのが現状です。

そこで必要とされるようになったのが、「日本語教師アシスタント」です。現地の先生をサポートし、日本語のネイティブスピーカーとして、正確な発音を教えるだけでなく、文化交流の架け橋として日本に興味を持ってもらうという大変大きな役割を担います。

プロの日本語教師としてではなく、日本語教育現場でアシスタントとして現地の子供たちに日本語や日本文化を伝える「日本語教師アシスタント」とは文字通り現地の日本語教師もしくは外国語教師のティーチング・アシスタントとして教壇に立つ学校スタッフの一人です。「日本語教師アシスタント」に最も必要とされることは向上心と熱意と積極性。経歴や資格は必要ありません。日本を理解してもらう熱意と、現地の人々とのふれあいを大切にする積極性を持った日本人であることが成功のポイントとなるでしょう。

募集している国

  • オーストラリア  人気ナンバー1!
  • ニュージーランド
  • カナダ

海外の日本語教育の現状

海外では日本語をカリキュラムに取り入れている学校、 大学入試の外国語の選択科目として採用している国など、日本語教育は少しずつですが普及してきています。その教育内容は、国や教育機関によって異なっており、日本語を専門的に学ぶことを主な目的とする国・教育機関もありますが、多くの学校は 折り紙、習字、茶道、華道といった日本固有の文化を通じて日本語・日本文化を学び、日本への興味を持つことを主な目的としています。

このような日本語教育の現場では、日本語を母国語とし、日本文化を熟知した日本人による日本語教師の必要性が高く求められていますが、実際にプロの日本語教師として海外で就労することは、例えば現地の四年制大学で履修し、卒業しなければならない など、各国により定められた経歴や語学力、資格などの点から狭き門となっています。

オーストラリア

日本語学習者数が韓国に次いで世界で2番目のオーストラリアでは、LOTE(Language Other Than English)やアジア言語文化特別教育プログラム(NALSAS)という教育制度のもと、外国語教育がとても盛んです。日本との経済的交流も深く、日本語ができると将来就職に有利な場合もあり、日本語はもっとも人気のある言語の1つです。

日本語の授業が週に25時間もある学校もあり、授業はオーストラリア独自の日本語テキストにそって行われる場合が多く、アシスタント教師は補助的な役割を担います。また、日本のアニメやゲームの影響もあり、親日家の多いオーストラリアでは、たくさんの学校で日本語教師アシスタントが活躍しています。

ニュージーランド

ニュージーランドの日本語学習者数は3万人程度ですが人口に占める割合は高く、日本語は人気の言語となっています。

中学校・高校は専任の日本語教師がいる場合が多いのですが、小学校には専任の日本語教師がいない場合が多く、その場合はアシスタント教師が率先して授業を行っていきます。教材はオーストラリアと共通のものや、最近ではニュージーランド独自のものを使用する動きも出てきています。

カナダ

カナダでは人種・文化の多様性を尊重する「多文化政策」が実施されており、様々な文化を受入れる点では世界で一番進んだ国と言えます。特に日本に親近感を持つアジア系移民が多い西部のブリティッシュコロンビア州では、日本語学習者が多く、日本語が正規科目としてカリキュラムに組み込まれている学校が多いです。東部のオンタリオ州では予算削減やスペイン語、中国語人気に押される傾向はありますが、日本語学習は維持されています。

こんな方にオススメ!

  • 日本語や日本文化を海外の子供たちに教えてみたい方
  • 受身の語学留学ではなく、自分で様々なことにチャレンジする海外生活を経験したい方
  • 日本人が少ない環境で、使える英語を身につけたい方
  • 日本語教師だけでなく教員を目指す方(日本語教師や教員資格は必要ありません)
  • 海外に長期滞在し、英語のみの環境で生活してみたい方(最長1年)
5つの特徴
  1. 「受身」の留学ではありません
    日本について教えて、英語やその国について学ぶことができます。
  2. 本当のその国の生活が知ることができます
    学校生活に溶け込み、一般家庭にホームステイできます。
  3. まわりに日本人がいない環境で英語力がアップします
    基本的に1学校に1人の派遣ですので、英語漬けの毎日になります。
  4. 国際文化交流を通じて、人間的に成長できます
    長期海外生活をすることで、いろいろな価値観を吸収し、人間的にも成長します。
  5. 充実したサポート
    • 現地でのオリエンテーション
    • 日本人による現地サポート
    • 現地でのビザ相談、進路相談、終了証の発行 など
人気の授業内容
お問合せ・資料請

体験談

よくある質問

PROGRAM
お問合せ・資料請求
出発へのステップ
INTER SUPPORTご紹介
・プライバシーポリシー
・損害保険募集代理店 勧誘方針
HOME Page Up
海外留学
宮城県知事登録旅行業3-234号

〒980-0021 仙台市青葉区中央2丁目2-10 仙都会館ビル3F アクセスマップ
TEL 022-214-6115 FAX 022-214-6117 MAIL:info@ispt.co.jp
平日:10:00〜19:00 土曜:10:00〜17:00 休日:日曜、祝日

Copyright (C) INTER SUPPORT. All Rights Reserved.